頭頂部がヤバイことに@AGAを治すなら医療機関に行くべき

AGAを治すのを医療機関に任せるべき理由

AGAを治すとなると、主に2つの方法になります。

 

自力でその治療を試みるか、専門の医療機関などです。

 

おすすめは後者の方法ですね。

 

なぜなら前者の方法の場合、多少のリスクを伴う一面があるからです。

 

自力でその治療を行うとなると、主に薬などを購入する事になるでしょう。

 

アメリカなどではその治療の為の薬が販売されていますので、それを服用してAGAの治療を試みる方法もあります。

 

その方法のメリットですが、費用が比較的リーズナブルになる事が多いです。

 

日本にある専門のクリニックでみてもらうとなると、そこそこの費用がかかる傾向があります。

 

クリニックによっては、数万円から10万円以上の費用がかかる事もあるのです。

 

しかし自力で薬剤などを購入する場合は、そこまで多くの費用がかからない事が多いです。

 

しかしその方法には自己責任のリスクがあります。

 

薬を購入するのはあくまでも本人であって、医師が判断をしている訳ではありません。

 

つまり海外から薬を購入した事で副作用などが発生しても、それは全て自己責任になってしまう訳です。

 

ところが専門のクリニックの場合は、もちろん医師の責任になるでしょう。

 

万が一の事を考えれば、クリニックで治療を受ける方が無難な一面がある訳ですね。

 

AGAクリニック病院ランキング@薄毛治療病院で若ハゲ対策

最近よく聞くAGAってなんだろう?

 

薄毛や抜け毛などで悩んでいる男性はAGAという言葉を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

ただ、言葉は知っているけれど具体的にAGAがどういったものなのかは知らないという方も多いかと思いますので、以下ではAGAがについて簡単にご紹介していきます。

 

 

・AGAは男性特有の脱毛症

 

AGAを日本語に訳すと男性型脱毛症となり、男性特有の脱毛症であることが分かります。

 

脱毛の原因というのは非常に多様でストレスや食生活、頭皮環境などがありますが、AGAの主な原因は男性ホルモンにあります。

 

 

・脱毛の進行パターンも大きく決まっている

 

AGAの特徴は脱毛の進行パターンにも表れています。

 

例えば、「てっぺんハゲ」と呼ばれる頭頂部から薄毛が進行していく脱毛や「M字ハゲ」と呼ばれる前髪がM字型に脱毛していくパターンなどが主なAGAの症状とされています。

 

 

・治療法もAGAならでは

 

AGAによる薄毛の場合、その他の薄毛の治療法を試してもあまりよい結果を得ることはできないとされています。

 

では、AGAではどういった治療が必要となるのかと言うと、主にミノキシジルとフィナステリドという2つの成分が含まれる薬の服用となります。

 

ミノキシジルは失われた髪の毛の発毛を促すもので、フィナステリドは男性ホルモンの活動を抑制し新たに抜ける髪の毛を減少させることが目的となります。

頭皮の改善にはAGAクリニックが最適

 

頭皮の根本的な改善をするには、自分ではなかなか難しいのが現状です。

 

そんな時には、ハゲや薄毛専門のAGAクリニックに行くといいのです。

 

そういった専門のクリニックなら、実に親身に、その人に合った改善方法を考えてくれます。

 

毛の生え方や髪の質、頭皮の状態などを全てチェックした上で、その人の健康状態から合った治療方法を考えてくれるのです。

 

AGAクリニックなら、多くの人の治療に携わっています。

 

ですから、より良い効果を生み出すことができるのです。

 

頭皮ばかりではなく、根本的な身体の中のコンディションも整えていくことで、より効果を上げるのがAGAクリニックのやり方なのです。

 

それは、その人の生活習慣を見直すことから始めます。

 

3食きちんと食べているかとか、どんなものを食べているかなど、もし、その食事が頭皮に悪影響を及ぼしていれば、それを改善していきます。

 

睡眠時間なども見直したり、洗い方もアドバイスするのもAGAの治療方法です。

 

専門知識のある専門クリニックだからこそできる治療を行い、その人と2人3脚で治療していくのも良い所です。

 

分かりやすい説明とじっくりと無理のない方法で治療をするので、身体的にも負担なく治療ができます。

 

そういったクリニックを選ぶことで、より確実に治療ができるのです。

AGA治療のための二つの治療薬

 

AGAの治療には主に二つの治療薬を使います。

 

「プロペシア」と「ミキノシジル」です。

 

この二つの治療薬を併用しながらAGAの治療が進んでいきます。

 

プロペシアはAGAの症状の原因となる物質が生成されないようにする薬で、内服薬のみになっています。

 

いわば、プロペシアはAGAの原因となる髪の毛が抜けにくいようにする薬というわけです。

 

ミキノシジルはプロペシアと違い、内服薬と塗り薬のタイプがあります。

 

もともとミキノシジルは血管を拡張させる作用を持つ薬として開発されましたが、のちに毛母細胞を活性化させる作用も確認されAGAの治療薬としても使用されるようになりました。

 

ミキノシジルは髪の毛が生えることを促進する薬というわけです。

 

プロペシアは医療機関であればどこでも処方されますが、ミキノシジルはAGA治療のクリニックでのみ処方が可能です。

 

プロペシアは比較的手に入りやすいとも言えますが、プロペシアだけでは髪の毛を抜けにくくするだけなので、現状維持がやっとでAGAの抜本的な治療といえず、同時にミキノシジルを併用することがAGA治療の基本となります。

 

二つの治療薬を併用したとしてもすぐに効果が出るわけではありませんので、ある程度の時間を治療にかけることが必要となります。